ネットで株デビュー

初心者でも大丈夫!わかりやすい言葉で株を解説

ネットで株デビュー > 株入門 > 株を買うという意味

株を買うという意味

「株を買う」とよく言いますね。
実際の株取引を見てみると、なんだか実態のないものを売ったり買ったりしているように見えて、
なんともわかりにくいものですが、「株を買う」とは本来どういう意味なのでしょうか。

株=出資者の証

そもそも株とは、会社に出資した証拠として発行される証券です。
つまり、株を持っているということは、その会社の出資者であるということを意味しています。

出資者には、会社が利益をあげればその利益を分けてもらえる権利や、会社の運営に意見する権利などがあります。

その株を「売る」ということは、利益を分けてもらったり、会社に口出しをしたりする権利を第三者に譲り渡すということです。
逆にいえば、株を「買う」ということは、その会社の利益を分けてもらったり、会社に口出ししたりできる権利を得ることになりますね。
もっとも、少ない株数では、会社の経営にあれこれ言えるほどの力は持たないのですが、
それでも保有株数に応じた利益配分は得ることができます。

株を買う=その会社に投資すること

もっと突っ込んで言えば、直接会社に投資をしているわけではないけれど、
投資家を挟んで間接的に会社に投資をしているというのが「株を買う」ということです。

直接その会社にお金を渡しているわけではないので、あまり実感はないと思いますが、
株を買えば、その会社の人気とともに、株主のリターンが変わるわけですから、やはり会社に投資しているといえるでしょう。

投資とは、リターンの約束されたものではなく、その会社の将来に期待してお金を出すということです。
直接会社に出資金を出す人のことを投資家と呼びますが、投資家から株を購入する第三者も、同様の権利とリスクを負うということ。
つまり、その会社の一員になり、会社の成長を願う人になることが、「株を買う」ということなのです。

だからこそ、株を買う時には会社を研究し、伸び代の大きい会社を選ぶわけですね。

最短3分、お申込みの流れ

最新記事

投資信託のコストは? 2013/12/26up

株にかかる税金の話 2013/12/19up

投資信託『基準価額』を知る方法は? 2013/12/12up

株式分割とは 2013/12/06up

投資信託『運用報告書』って? 2013/11/29up