ネットで株デビュー

初心者でも大丈夫!わかりやすい言葉で株を解説

ネットで株デビュー > 株入門 > 株で儲ける方法

株で儲ける方法

株で儲ける方法には、いくつかの種類があります。
いちばん注目されているのは株を売買する方法ですが、
そもそも株は、出資者に利益を還元するためのシステムですから、株を単純に持っているだけでもリターンはあります。

株についてよく知り、株で儲けを出す方法を学習しましょう。

株の売買で儲ける

一般に「株で儲ける」といった場合には、「株の売買」を指すことが多いです。

株とは、本来は会社への出資をした人に発行される有価証券ですが、
有価証券は売ったり買ったり譲渡したりすることが可能なものですから、会社とは関係のない第三者でも持つことができます。

普通の金券と異なることは、有価証券の価値は変動するということです。

1000円の図書カードを売ろうと思うと、おそらく1000円以下でしか売れませんね。
なぜなら、1000円の図書カードは、書店では1000円と等価だけれど、使用場所・使用目的の限られた1000円だからです。
1200円で買えば、200円必ず損をすることがわかっています。

ところが、株券は会社の人気に応じて価格が変わります。
昨日1000円だったものが、翌日には2000円になるかもしれません。
逆に、1000円だったものが、500円になってしまうことだってあります。

この価格差を使って、"安い時に買い、高い時に売る"ことをすれば、差額分利益が出ますね。
これが、株の売買による儲け『キャピタルゲイン(売買益)』です。

配当と株主優待

株を持っているだけでも利益を得ることができます。

まずは『配当(インカムゲイン)』。
配当とは、利益に応じて株主に払われるお金のことです。
株式会社は、株主に利益の分配を行う義務がありますから、ある程度利益の上がっている会社ならば、配当を得ることができます。

もうひとつは、株主優待です。
割引券がもらえたり、施設が安く利用できたりと、あまり現金にはなりませんが、実はオトクなリターンです。

最短3分、お申込みの流れ

最新記事

投資信託のコストは? 2013/12/26up

株にかかる税金の話 2013/12/19up

投資信託『基準価額』を知る方法は? 2013/12/12up

株式分割とは 2013/12/06up

投資信託『運用報告書』って? 2013/11/29up