ネットで株デビュー

初心者でも大丈夫!わかりやすい言葉で株を解説

ネットで株デビュー > 株入門 > いくらから株は買えるか?

いくらから株は買えるか?

実は株って、一般には「1つだけ売ってください」と言っても、売ってもらえないものです。
いくつかまとまった数を購入してくれなきゃダメですよ、というんですね。

だから、株って一般の人にはなかなか手が出せなくて、お金持ちの人だけがするイメージが強かったのだけれど、
実は今は、"1株だけ購入"も可能な「少額売買」もあるのです。

単元株

株には、それぞれの銘柄に「最低売買単位」が決まっています。

たとえば、タバコって普通1本だけでは売ってくれませんよね。
ほとんどが20本入りで売られているので、20本単位=箱単位で買ってください、ということになっています。
株も同じ事で、この株は最低いくつから売買してくださいね、というかたまりの数が決まっているのです。
これを、『単元株』といいます。

もしも1000株が1単元の銘柄なら、最低でも1単元=1000株を購入しなければなりません。
もう少し欲しいと思っても、次は2単元ですから、2000株購入する必要があります。
この制度のことを「単元株制度」といいます。

単元未満株

では、単元株に満たない株数の取引はできないのか。
そんなことはありません。

そのひとつが、「単元未満株」。
単元株とは異なり、議決権はありませんから、会社の経営に口出しをする権利はないのですが、他の権利は単元株とほとんど同様にあります。

1株からでも売買可能に

すべての銘柄で、とはいきませんが、今では1株からでも売買が可能になっています。
呼び方はいろいろありますが、「ワン株」「ミニ株」「S株」「プチ株」など、通常単位よりもずっと小さい株数でも取引ができるのです。

もっとも、その権利・恩恵は、持っている株数や保有期間によって異なりますから、十分な理解が必要ですが、これまでよりもずっと少額から株取引を始めることが可能になりました。

具体的な価格でいえば、1株1万円程度から購入が可能。
なんとか手の届く範囲ですよね。

最短3分、お申込みの流れ

最新記事

投資信託のコストは? 2013/12/26up

株にかかる税金の話 2013/12/19up

投資信託『基準価額』を知る方法は? 2013/12/12up

株式分割とは 2013/12/06up

投資信託『運用報告書』って? 2013/11/29up