ネットで株デビュー

初心者でも大丈夫!わかりやすい言葉で株を解説

ネットで株デビュー > 株入門 > 株を売るタイミング

株を売るタイミング

実は株って、買うだけならとっても簡単。
配当や株主優待などを目的に株を購入するだけなら、誰だって問題なく株取引に参加することができるのです。

けれど、株を"安い時に買って高くなった時に売る"なんていうキャピタルゲイン(売買益)を狙うのなら、
株はタイミングよく売らなければなりませんね。
この「株を売るタイミング」がとても重要で、もっとも難しいものだと言われています。

上がったら売る

まずは、利益を得るための「売り」です。

自分が買った時より高くなった時に売れば、利益が出ますね。
ただし、株取引には様々な手数料がかかりますから、手数料を差し引いて利益が出るラインを計算しておく必要があります。

株価は簡単に変動しますから、あまり欲を出すとタイミングを逃すことも多くあります。

下がったら売る

忘れてはならないのは、損益を広げないための「売り」です。

上がると思って買った株でも、下がってしまうことは多々あります。
一時的なもので、再び上がる見込みがあるのならば持っておけば良いですが、
上がる見込みがないのならば持っていても損益が広がるばかりです。

少ない損で止める売りを「損切り」といいます。

買うときに決めておくのが初心者の鉄則

いずれにしても、株を売るタイミングは、あらかじめ決めておくのが初心者の鉄則です。

上がりはじめると、「もうちょっと待てばもうちょっと上がるかも」なんて欲が出てしまうものですが、
そうやって迷っている間にも株価は変動し、結局タイミングを逃してしまうというケースがとても多いもの。
特に初心者は、株価変動を予測しにくいですから、欲を出さず、
最初から「○円になったら売る」と上限と下限を決めておくようにしましょう。

最短3分、お申込みの流れ

最新記事

投資信託のコストは? 2013/12/26up

株にかかる税金の話 2013/12/19up

投資信託『基準価額』を知る方法は? 2013/12/12up

株式分割とは 2013/12/06up

投資信託『運用報告書』って? 2013/11/29up