ネットで株デビュー

初心者でも大丈夫!わかりやすい言葉で株を解説

ネットで株デビュー > 株入門 > 株の売り方

株の売り方

株の売り方は、株の買い方とほとんど変わりません。
つまり、「この条件で売りたいよ」と「注文」を出すのです。

売るタイミングには、それなりの勉強が必要ですが、売り方はとってもシンプル。
株が買えたのなら、まず間違いなく株を売ることもできるでしょう。

売り注文を出す

売りたい株を持っている証券口座へ行けば、あなたの持っている株を確認することができます。
操作や画面は証券口座によって異なりますが、「売り注文」の画面を見れば良いでしょう。

売り注文では、
・どの株を
・何株
・どんな価格で
・いつまでに
売りたいかを指定することができます。

 

☆ どの株を?

売りたい株の銘柄を指定します。
間違えることはありませんね。

 

☆ 何株?

持っている株の一部だけを売ることも可能です。
もっとも、売ることのできる単元株が決まっていますから、単元株が10株なのに1株だけを売るなんてことはできません。

 

☆ どんな価格で?

価格は、自分で指定する「指値(さしね)」と、その時の市場価格で売る「成行(なりゆき)」とがあります。

「指値」は、自分で値段を決められますから、その値段で買いたい人がいなければ約定しません。
その代わり、自分の予想外の価格で約定してしまうこともありません。

「成行」は、成り行きに任せ、いくらでもいいからとにかく売りたい、ということです。
想定通りの価格で約定しないこともありますが、とにかく早く売りたいというのであれば、成行が適切です。

 

☆ いつまでに?

約定までの期間を設定することができます。
「今日中に約定しなかったら、この注文は取り下げる」とか「この日までは待とう」とか決められるわけですね。

最短3分、お申込みの流れ

最新記事

投資信託のコストは? 2013/12/26up

株にかかる税金の話 2013/12/19up

投資信託『基準価額』を知る方法は? 2013/12/12up

株式分割とは 2013/12/06up

投資信託『運用報告書』って? 2013/11/29up