.

ネットで株デビュー

初心者でも大丈夫!わかりやすい言葉で株を解説

ネットで株デビュー > 株入門 > 良い会社かどうかの調べ方

良い会社かどうかの調べ方

株取引をはじめるのなら、その会社が「良い」会社かどうかを見極めなければなりません。

良い会社かどうかと、有名な会社かどうかとは違います。
良い会社かどうかと、人気のある会社かどうかも違います。
あくまで、株取引をする上で、投資に足る会社が「良い」会社です。

特に、中期〜長期の株保有を考えるのなら、良い会社かどうかがとても重要。
極短期でのキャピタルゲインを狙うのならば、一時的な人気だけ読めれば済むかもしれないけれど、中長期的投資ならばそうはいきません。

では、良い会社かどうかを調べるには、どうすればよいのでしょうか。

企業成績を見るには決算書が最良

投資に足るかどうかを知るには、その会社の成績を知るのがいちばんです。

どのくらいの資金を、どんな風に使って、どのくらい利益をあげてきているのか。
これがわかれば、その会社の経営方針や業績がかなり掴めます。
そして、それを知るには「決算書」を見るのがもっとも正確です。

決算書は、正確には「財務諸表」と呼ばれるもので、決算期に合わせて必ず出されるものです。
いちばん新しいものだけでなく、いくらか前のものから比較してみると、業績の動きもわかります。

証券会社のリンクを見よう

初心者に嬉しいのが、証券会社の注文画面に表示されるその会社の情報リンクです。

例えば、楽天証券なら「四季報」「チャート」「ニュース」「適時開示」「業績」「指標」「業績予測」「株主優待」といったその企業の情報が閲覧できるようになっています。

四季報なんかも株取引をするには必須だといわれる資料ですが、今はネット証券のサイトからだいたい見られます。
資料によっては、読み方に訓練が必要な物もありますが、どんな企業なのか、現状は上向きなのか下向きなのかを端的に知ることができますから、どんどん資料を見ていきましょう。

このように、優良企業を見極める作業を「ファンダメンタルズ分析」と呼びます。

最短3分、お申込みの流れ

最新記事

投資信託のコストは? 2013/12/26up

株にかかる税金の話 2013/12/19up

投資信託『基準価額』を知る方法は? 2013/12/12up

株式分割とは 2013/12/06up

投資信託『運用報告書』って? 2013/11/29up