.

ネットで株デビュー

初心者でも大丈夫!わかりやすい言葉で株を解説

ネットで株デビュー > 株入門 > 自社株買い・増資とは

自社株買い・増資とは

株式は、もともと会社を立ち上げるために必要な資金を調達するための手段でしたね。
資金を出してくれる(=投資してくれる)人に対して、その証拠として発券したのが株券です。

けれど、会社を経営していくうちに、自己資金だけで十分やっていけるくらいの利益が出ることもあるし、
逆に、資金が足りなくなってしまうこともあります。

そんな時に行われるのが「自社株買い」と「増資」なのです。

自社株買いとは

「自社株買い」とは、その名のとおり自分の会社の株を買うことです。

株って、持っている人には配当も払わなきゃならないし、株主優待なんかもあるし、経営には口を出されるし、
IR情報なんかの広報も大変だし、上場しとくのにもいろいろ条件があって書類も出さなくちゃで、案外大変。
ましてや、誰かが株の半分を買い占めてしまったら、会社を乗っ取られる危機にだってなる驚異です。

そのため、自社で十分な資金を調達できるのならば、自社株を買い戻して、できれば全株を自社で保有してしまいたいのです。
実際、上場廃止企業の半分くらいは「株式の全部取得」が理由。

別にお金を借りていたわけではないけれど、自社株買いで株価分のお金を還元すれば、
投資分きちんと恩返しできているというわけですから、理にかなっていますよね。

増資とは


増資は、自社株買いと正反対です。
資本金を増やすため、新しく株券を発行するのが「増資」です。

増資には、いくつか方法があります。
もっともお目にかかる機会が多いのは「公募増資」ですね。

公募増資とは、新株発行をして、一般の投資家に市場で購入してもらうというものです。
少し安い株価で販売され、しかもタイミング要らずであるため、株初心者でも買いやすい株です。

他にも、特定の企業などに新株発行をしたり、すでに持っている株主に発行されたりすることもあります。

株が増えるので、1株あたりの利益は希薄化される傾向にありますが、必ずしも株価が下がるとは限りません。

最短3分、お申込みの流れ

最新記事

投資信託のコストは? 2013/12/26up

株にかかる税金の話 2013/12/19up

投資信託『基準価額』を知る方法は? 2013/12/12up

株式分割とは 2013/12/06up

投資信託『運用報告書』って? 2013/11/29up