ネットで株デビュー

初心者でも大丈夫!わかりやすい言葉で株を解説

ネットで株デビュー > 債券入門 > 債券って何?

「債券」ってなに?

「債券」ということばをよく耳にしますね。
債券とは、国や企業などが発行している券で、ちょっと変わった借用書のようなものです。
株が投資金を集めるのと同じように、債券もまとまった資金調達のために発行されます。
決定的に異なるのは、株は「投資」で債券は「貸借」であるということ。
ですから、債券を持っていれば、お金は指定期限に返してもらえるというわけです。
一般に、利率は銀行に預金するよりも高いので、
債券を買う側としては定期預金のような感覚に似ているかもしれませんね。

債券はそれ自体にも価値がある

最初に「ちょっと変わった借用書のようなもの」と書きましたが、
どう変わっているかというと、債券はそれ自体に価値があるのです。
つまり、債券を売買することができるのです。
もちろん、満期日まで持っていてもかまいません。
利払日には一定の利子をもらえるし、支払不能にならなければ満期日には額面金額が返還されますからね。

どんなものがあるの?

債券には、国の発行する「国債」や、地方自治体の発行する「地方債」、
企業が発行する「社債」、社債を株式に変えられる権利付きの「CB」などがあります。
外貨建てのものも人気です。

最短3分、お申込みの流れ

最新記事

投資信託のコストは? 2013/12/26up

株にかかる税金の話 2013/12/19up

投資信託『基準価額』を知る方法は? 2013/12/12up

株式分割とは 2013/12/06up

投資信託『運用報告書』って? 2013/11/29up