ネットで株デビュー

初心者でも大丈夫!わかりやすい言葉で株を解説

ネットで株デビュー > 債券入門 > 短期債券てなに?

「短期債券」てなに?

「短期債券」とは、文字どおり短い期間で満期を迎える債券のことです。
中長期債券が1〜10年程度の期間で満期になるのに対して、短期債券では1年以内に償還期限を迎えます。

短期債券の特徴は?

短期債券は、一般には長期債券よりも利率が低く、
その代わり業績悪化等による不払いの信用リスクはかなり低いのが特徴です。
ただし、昨今の日本では低金利時代が続き、短期債券の方が長期国債なんかよりも利回りが良かったりしますから、
金利については今はあまり当てはまりません。

企業が個人向けに発行する社債の多くは、この短期債券。
企業の場合、信用リスクが国債よりも高いので、短期運用が基本になっているからです。
1年未満で業態が急激に悪化することは稀ですから、安心感がありますよね。

ほかに、短期債券は利率が大きく変化するという特徴もあります。
発行時の金融状況を如実に反映するので、国の金融政策の操作目標となることもあります。

確実に手っ取り早く利益を得るのに向いている

短期債券は、ほぼ確実に利益を得ることができるので、よほどの信用リスクがなければ買って良いです。
ただし、外貨建ての場合には為替リスクもあるので注意してくださいね。

最短3分、お申込みの流れ

最新記事

投資信託のコストは? 2013/12/26up

株にかかる税金の話 2013/12/19up

投資信託『基準価額』を知る方法は? 2013/12/12up

株式分割とは 2013/12/06up

投資信託『運用報告書』って? 2013/11/29up