ネットで株デビュー

初心者でも大丈夫!わかりやすい言葉で株を解説

ネットで株デビュー > 債券入門 > 債券は利回りが良い

債券は利回りが良い

今の日本は、とっても金利が低いですよね。
銀行に預けていても、あまり金利収入は見込めません。
債券は、購入する側は預けているのと同じような勝手ですが、利息は銀行の定期預金よりも高いものが多いです。
しかも、他の資金運用よりリスクが低く、かなりの高確率で利益を得ることができます。
2011年現在で、日本の債券は概ね1%程度の利率、海外ならそれ以上であることが多いです。
国債の利率を見れば、その国の利率傾向がわかりますが、日本の国債は1%を切っています。
それでも銀行よりは利回りが良いといえるし、10年国債なら変動金利なので、今後上がる可能性もあります。

金利のつかない債券もある

ところで、実は金利のつかない債券もあると知っていますか?
え、それじゃあどこに得があるの??
もちろん、利益は出るようにできていますよ。
債券の利息のことを「クーポン」といい、クーポンの付いている債券を「利付債」、
クーポンの付いていない債券を「割引債」といいます。
割引債の場合、利息はつきませんが、債券に書かれている額面金額よりも安く割引した形で販売されています。
そう、割引価格分が得なのです。
金利収入以外もあると知っていてくださいね。

最短3分、お申込みの流れ

最新記事

投資信託のコストは? 2013/12/26up

株にかかる税金の話 2013/12/19up

投資信託『基準価額』を知る方法は? 2013/12/12up

株式分割とは 2013/12/06up

投資信託『運用報告書』って? 2013/11/29up