ネットで株デビュー

初心者でも大丈夫!わかりやすい言葉で株を解説

ネットで株デビュー > 債券入門 > 債券の価格の決まり方 2013/03/28up

債券の価格?

債券は、償還期日まで持っていなくても途中で売買することができます。

では、その売買の価格はどうやって決まるのでしょうか。
買った金額と同じで売れるの?
それとももっと高く売れたりするの?
逆に安くなったりするの?


債券価格は金利変動で変わる

実は債券価格は、流通市場の金利で変動しています。

今、日本の金利はとても低いですよね。
これから金利が上がったら嬉しいですか?
はい、ほとんどの人が嬉しいと思います。
景気が良くなった気がするし、預金してもたくさん利息がもらえるし。

けれど、金利が上昇すると、債券価格は下がります。

なぜなら、金利が上昇すると、新しく出る債券の金利の方が高いので、持っている債券をみんなが売りたがるのです。
売りたい人が増えると、当然市場価値は下がります。

逆に、金利が下がると、債券価格は上がるわけ。
今は金利が下がっている状態なので、金利の高い頃に出た長期債券は人気があります。

債券には額面金額が書いてあるのに、額面通りには取引されないだなんてちょっと不思議ですよね。
中途売買を考えている人は、今後の金利の動向についても良く考えておく必要があります。

最短3分、お申込みの流れ

最新記事

投資信託のコストは? 2013/12/26up

株にかかる税金の話 2013/12/19up

投資信託『基準価額』を知る方法は? 2013/12/12up

株式分割とは 2013/12/06up

投資信託『運用報告書』って? 2013/11/29up