ネットで株デビュー

初心者でも大丈夫!わかりやすい言葉で株を解説

ネットで株デビュー > 投資信託講座 > 投資信託の仕組みは?

投資信託の仕組みは?

投資信託には、投資する「投資家」と集めた資金を運用する「運用会社」のほかに、
「販売会社」と「信託銀行(資金管理会社)」で成り立っています。
どのような仕組みになっているのかを知りましょう。

販売会社は?

『投資信託』は、金融商品です。
ですから、商品を販売する「販売会社」があるはずですね。
投資信託の販売を行なっているのは、主に銀行や証券会社です。

販売会社では、多くの投資家(=商品を買ってくれる人)からお金を集め、まとめてひとつの大きな資産にします。

信託銀行へ

販売会社が集めた資産は、資金を管理する「信託銀行」へと預けます。
信託銀行とは、資産管理を専門としている特別な銀行。
こうして資産をきっちり分けてすることによって、銀行や運用会社の倒産等でも預っている資産を守ることができるという仕組みになっています。

運用会社が運用の指示を

投資家から販売会社がお金を集め、集めたお金は信託銀行へ保管、そしていよいよ資金の運用です。

そこで登場するのが、「運用会社」。
運用会社は、資金を持つのではなく、資金を持っている信託銀行に運用の指示(=運用指図)をします。

販売・運用・資産管理をきちんと分けることで、安全に運用できるわけですね。

最短3分、お申込みの流れ

最新記事

投資信託のコストは? 2013/12/26up

株にかかる税金の話 2013/12/19up

投資信託『基準価額』を知る方法は? 2013/12/12up

株式分割とは 2013/12/06up

投資信託『運用報告書』って? 2013/11/29up