ネットで株デビュー

初心者でも大丈夫!わかりやすい言葉で株を解説

ネットで株デビュー > 投資信託講座 > 投資信託でよくいう『基準価額』って??

『基準価額』って??

投資信託について調べていると、「基準価額」という耳慣れない言葉に遭遇します。
「基準価額」とは、投資信託の時価(=その時の商品としての価格)のこと。
投資信託を売買する際には、この「基準価額」で取引されることになります。

ちなみに、基準価額は、
基準価額 = 純資産総額 ÷ 受益権口数
で計算されます。
「純資産総額」とは、資産総額から費用(経費)を差し引いたもの。
「受益権口数」とは、投資信託の運用で得た利益を受け取る投資家全員が持っている総口数。
つまるところ、『1口あたり○円の価値ですよ、今は』というのが基準価額というわけです。

基準価額は変動する

基準価額は、いわば投資信託の時価。
つまり、「今」の価格です。
ですから、投資信託の売買では、売る時にも買う時にも価格がわからないのが普通。

たとえ昨日100の価値があったものでも、今日には10の価値しかないかもしれません。
基準価額の決定は、1日に一度、その日の終値が出てみなければわからないのです。
基準価額は投資信託のひとつの価値基準ですが、あまり振り回されないようにしましょう。

ただし、ETFなどリアルタイムで相場を見ながら売買できる投資信託もあります。

最短3分、お申込みの流れ

最新記事

投資信託のコストは? 2013/12/26up

株にかかる税金の話 2013/12/19up

投資信託『基準価額』を知る方法は? 2013/12/12up

株式分割とは 2013/12/06up

投資信託『運用報告書』って? 2013/11/29up