ネットで株デビュー

初心者でも大丈夫!わかりやすい言葉で株を解説

ネットで株デビュー > 投資信託講座 >投資信託の安全性は?

投資信託の安全性は?

近年は、銀行だって倒産する時代。
投資信託は、他の人に自分の資産を預けて運用してもらうわけですから、経営破綻や使い込みなど、その安全性は気になるところですね。

でも、投資信託は資金運用の手段として、もっとも高い安全性が確保された商品なのです。

投資信託は3つの機関で役割分担

投資信託の最大の特徴は、3つの専門機関がそれぞれ役割を担っているということです。

投資家の窓口となる「販売会社」。
運用の指示(=運用指図)を行う「運用会社」。
信託財産を管理する「信託銀行」。

たとえどこか1つの会社が経営破綻したとしても、投資家自身の信託財産を失うことはありません。

販売会社が潰れたら?

販売会社は、商品を販売する窓口です。
お金は信託銀行へ「信託財産」として預けます。
もしも潰れてしまっても、他の販売会社へ窓口が移るだけです。

運用会社は安全?

運用会社は、資金運用の指示を出しますが、実際には資金を持ってはいません。
運用会社が経営破綻したとしても、やはり信託財産に影響はありません。

信託銀行が潰れたら?

信託銀行では信託銀行の財産と投資家の信託財産は分けて保管されています。
経営が破綻してもやはり信託財産に影響はありません。

最短3分、お申込みの流れ

最新記事

投資信託のコストは? 2013/12/26up

株にかかる税金の話 2013/12/19up

投資信託『基準価額』を知る方法は? 2013/12/12up

株式分割とは 2013/12/06up

投資信託『運用報告書』って? 2013/11/29up