ネットで株デビュー

初心者でも大丈夫!わかりやすい言葉で株を解説

ネットで株デビュー > 投資信託講座 > 投資信託『ETF』ってなに?

投資信託『ETF』って?

「ETF」とは、「Exchange Traded Note」の略で、「上場投資証券」とか「指標連動証券」と呼ばれる商品です。
ちなみに、直訳すると「金融商品取引所で取引される投資信託」という意味。
つまり、株式なんかのように投資信託を売買するというものなのです。

通常、株式や債券などの売買には、多くの資金が必要ですが、投資信託ならば少額でも売買に参加できるため、
個人の投資商品として今注目を集めています。

普通の「投資信託」より安い?

普通、「投資信託」といえば販売会社を窓口として、専用の口座を開設し、プロに運用してもらうという金融商品。

ところが、ETFは投資信託を株券のように誰でも金融商品取引所で売買できるようにしています。
そうなると何が起こるかといえば、手数料が減って投資にかかる費用の削減が期待できるのです。

しかも、指値売買(=自分で値段を指定して売買すること)が可能。
投資信託は普通、基準価額という時価で計算されるものですが、こちらは売買時には価格がわからず、そこにはリスクも。

よりリスク管理をしながら利益をあげるには、投資信託よりもETFの方が優れているといえます。

最短3分、お申込みの流れ

最新記事

投資信託のコストは? 2013/12/26up

株にかかる税金の話 2013/12/19up

投資信託『基準価額』を知る方法は? 2013/12/12up

株式分割とは 2013/12/06up

投資信託『運用報告書』って? 2013/11/29up