ネットで株デビュー

初心者でも大丈夫!わかりやすい言葉で株を解説

ネットで株デビュー > 投資信託講座 > ETFの仕組みについて

『ETF』の仕組みは?

「ETF」は、金融商品取引所で売買される投資信託です。

その大まかな仕組は、一般の株式なんかと同じ。
上場投資信託を金融商品取引所で売買するという非常にシンプルなものです。

株券の代わりにETF受益証券なるものがあり、市場の開いている時間帯ならばいつでも売買することが可能です。

「バスケット取引」がETFの仕組み

株券を直接売買しないように、ETF受益証券を直接売買するわけではありません。

では、どのような仕組みになっているかといえば、「指定参加者」と呼ばれる機関投資家や証券会社が、「現物株バスケット」という複数の銘柄をひとまとめにした、日経平均やTOPIX(東証株価指数)などの株価指数の動きに連動するものを、運用会社に提供するのです。
運用会社は、信託銀行と信託契約を結んで、信託財産の管理や処分などを行います。

私達個人投資家は、証券会社を通して証券取引所で直接ETF売買を行い、証券取引所は指定参加者とETFの売買を行い、指定参加者は運用会社と現物株バスケット・ETF受益証券のやり取りを行い、運用会社が信託銀行へ指図をし、個人資産に反映される……という仕組みです。

ちょっぴりややこしいですね。

最短3分、お申込みの流れ

最新記事

投資信託のコストは? 2013/12/26up

株にかかる税金の話 2013/12/19up

投資信託『基準価額』を知る方法は? 2013/12/12up

株式分割とは 2013/12/06up

投資信託『運用報告書』って? 2013/11/29up